薄毛・抜け毛・AGA治療なら千葉のイデア美容皮膚科クリニック

AGAの治療期間と発毛サイクルを知るなら | イデア美容皮膚科クリニック

AGAの治療期間と発毛サイクル

AGAの治療期間と発毛サイクル

ヘアサイクル

正常な髪の毛の場合、「成長期」、「退行期」、「休止期」というヘアサイクルを繰り返しながら、2~6年ほどで生えかわります。

「成長期」は、生えてきた髪の毛が成長していく期間です。個人差もありますが、通常、2~6年ほどで髪の毛の成長が終わると、徐々に髪が衰えていく「退行期」に入り、徐々に髪の毛が抜けていきます。「退行期」も個人差がありますが、約2週間です。

へアサイクルの「休止期」は、髪の毛が抜けて、新しい髪の毛を生やす準備期間に入ります。「休止期」は、通常、約3ヶ月です。

このヘアサイクルが乱れると、AGAの抜け毛、脱毛が進んでいってしまうことになります。
さまざまな要因で、髪の毛の「成長期」が短くなっていき、脱け毛が増えて、逆に「休止期」が長くなっていくのです。AGAがさらに進行してしまうと、「休止期」のまま、新しい髪の毛が生えなくなってしまいます。

AGAサイクル写真

AGAの治療期間 3ヶ月~半年を目安に

AGA(男性型脱毛症)の治療アプローチには大きく分けて、「脱毛を抑制する治療」、「髪の毛を生やす治療」の2方向があります。具体的な治療としては、頭皮の環境改善、毛周期の正常化をするための内服・外用薬治療が施術の中心です。

目に見える効果が現れるまでに、個人差もありますが、最低3ヶ月~半年の期間が必要と言われています。

症状によって、適する治療法などは異なりますので、詳しくはカウンセリングの際にお聞きください。

無料カウンセリング予約はこちら

ページトップへ